枕草紙杠園抄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

枕草紙杠園抄』(まくらのそうしこうえんしょう)とは、江戸時代後期に書かれた『枕草子』の注釈書。四巻四冊、岩崎美隆著。

解説[編集]

江戸時代を通して広く読まれた北村季吟著の『枕草子春曙抄』に他の古註諸本の所説と自説を加え、古活字本の本文を校合したもの。本文は能因本系統のものをベースに、三巻本で補訂を施した流布本を底本とする。各冊にある奥書から、文政10年(1827年)から文政12年にかけての成立とされる。書名は著者岩崎美隆の号「杠園」(ゆずるはその)に因み、折口信夫が命名した。

刊行本[編集]

参考文献[編集]

  • 秋山虔ほか編 『日本古典文学大辞典』(第5巻) 岩波書店、1988年 ※「枕草紙杠園抄」の項

関連項目[編集]