枕中記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

枕中記』(ちんちゅうき)は、中国伝奇小説である[1]。作者は沈既済(しんきせい)。

概要[編集]

著者の沈既済は、8世紀後半頃の人である。蘇州呉県の人で、薬を調達する礼部員外郎となった。

主人公の盧生が、邯鄲道士の呂翁に出会い、枕を授けられる。その枕で眠りについたところが、まだの飯が炊き上がる前に、自分が立身出世を果たし、栄達の限りを尽くして死ぬまでの間の出来事を夢みた。それによって、盧生は人生の儚さを悟った、という話である。

邯鄲の枕」「黄粱の一炊」「邯鄲の夢」の故事として、広く知られている。また、代の湯顕祖が著わした戯曲の『邯鄲記(中国語版)』は、この『枕中記』を元にして作られたものである。ウィキソースのロゴ 中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:枕中記


所収[編集]

  • 文苑英華』卷八百三十三 枕中記の条、中国語版ウィキソースは未完(2017年10月)
  • 太平広記』卷八十二 異人二 呂翁の条、『文苑英華』では物語の年代が開元7年となっているのに対し、こちらは開元19年となっている。魯迅『唐宋伝奇集』は『文苑英華』を選んでいる。ウィキソースのロゴ 中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:太平廣記/卷第082#.E5.91.82.E7.BF.81


参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 日本語訳は、今村与志雄 訳、前野直彬 訳 がある。 唐宋伝奇集 上『3 邯鄲夢の枕―枕中記』 今村与志雄 訳、1988年 岩波文庫 ISBN 978-4003203811、p.82-99 。中国古典文学大系24 六朝・唐・宋小説選 『枕の中の世界の話』 前野直彬 訳 1968年 平凡社 ISBN 978-4582312249 p.160-163 。