板橋作美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

板橋 作美(いたばし さくみ、1948年[1] ‐ )は、日本文化人類学者。専門は宗教人類学、日本の俗信(迷信)の論理に関する研究[2]

略歴[編集]

東京都生まれ[1]東京大学教養学部教養学科文化人類学分科卒業[1]。東京大学大学院社会学研究科修士課程修了[1]。東京大学助手[1]、山口大学講師[1]、東京医科歯科大学助教授を経て[1]東京医科歯科大学教養部教授[1]

著書[編集]

  • 『人類学』(共著)(東海大学出版会)
  • 『民俗学への招待』(共著)(大和市教育委員会)
  • 『レヴィ=ストロース』(共著)(清水書院)
  • 『俗信の論理』(東京堂出版)
  • 『占いの謎』(文春新書)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 板橋作美 | 人名事典 | お楽しみ | PHP研究所”. www.php.co.jp. 2021年12月5日閲覧。
  2. ^ 東京医科歯科大学

関連項目[編集]

外部リンク[編集]