松本芳夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松本 芳夫(まつもと よしお、1893年8月25日[1] - 1982年12月8日)は、日本歴史学者慶應義塾大学名誉教授。別名南国天[要出典]

略歴[編集]

和歌山県東牟婁郡下里村(現・那智勝浦町)出身[1]。1914年郁文館中学校卒業[1]。1919年慶應義塾大学文学部史学科卒業[1]、1950年「古代日本人の政治思想」で慶大文学博士[1]。1919年慶應義塾商工学校教員[1]、1923年同大学予科教員兼高等部教員[1]、1927年同大学文学部講師[1]、1931年同助教授[1]を経て、1933年同教授。1953年文学部長[1]。1959年、義塾賞受賞[1]。1960年斯道文庫[1]、1961年名誉教授[2]

主著[編集]

  • 『神代史研究』(国文堂書店, 1920年)
  • 『日本文化史要』(慶應義塾出版局, 1942年)
  • 『熊野民俗記』(三教書院, 1943年)
  • 『日本民族の文化』(六盟館 民族叢書, 1943年)
  • 『日本の民族』(慶應通信, 1954年)
  • 『日本文化史』(慶應通信, 1955年)
  • 『古代日本人の思想』(寧楽書房, 1959年)
  • 『日本史学史』(慶應通信, 1968年)

訳書[編集]

  • ギゾー『ヨーロツパ文明史』(国民図書 泰西名著歴史叢書, 1924年)

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 松本芳夫先生略歴」『史学』第36巻、三田史学会、1963年9月、 289-290頁。
  2. ^ 20世紀日本人名事典