松本市旧司祭館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
松本市旧司祭館
130608 Former Matsumoto Catholic church priest house Matumoto Japan01n.jpg
外観
情報
旧用途 住宅
設計者 クレマン神父[1][2]
構造形式 木造[1]
延床面積 202.64 m² [1]
階数 2階[1]
竣工 1889年(明治22年)[1]
所在地 長野県松本市開智2丁目6-24
座標 北緯36度14分35.6秒
東経137度58分3.5秒
文化財指定 長野県宝[1][2]
指定日 2005年3月28日[1]
テンプレートを表示

松本市旧司祭館(まつもとしきゅうしさいかん)は、長野県松本市に残る明治時代の洋式住宅である。

概要[編集]

フランス人の神父・クレマンにより1889年(明治22年)に松本カトリック教会の宣教師用住居として、松本城内三の丸の大名屋敷があった地蔵清水に建設された。松本城北側の街路拡幅事業にともない、1991年に現在の旧開智学校の隣地に移築復元される。[1][2]

アーリー・アメリカン様式を備えた下見板張りの西洋館で、各部屋には暖炉があり、1・2階ともにベランダを備えている。1994年3月の松本市重要文化財指定を経て、2005年3月28日には旧松本カトリック教会司祭館として県宝の指定を受けた。[1][2]

セフラン神父が明治34年から27年の歳月を費やし、日本で初の日仏辞典を編纂した場所でもある。[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 松本市立博物館 2013.
  2. ^ a b c d e 新まつもと物語プロジェクト 2006.

参考文献[編集]