松平通温

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 通温(まつだいら みちまさ、元禄9年5月28日1696年6月27日) - 享保15年5月19日1730年7月3日))は、尾張徳川家3代当主・尾張藩徳川綱誠の十九男。母は側室唐橋(里見氏・卓然院)で、同母兄に義孝美濃高須藩主)がある。幼名喜之進。従四位下侍従安房守、左近衛権少将

生涯[編集]

宝永4年(1707年)に元服し、当時藩主であった兄の吉通偏諱を受けて通温と名乗る。正徳2年(1712年)江戸に上り、従四位下侍従、安房守に任官する。同4年(1714年)には左近衛権少将に進む。しかし同6年(1716年)に7代将軍家継が没し、兄で藩主の継友が8代将軍の座を紀州藩主の吉宗と争って敗れると、尾張家の一員として憤激収まらず、「頗る狂躁の行いあり」[1]と記録されるような過激な言動を強めていった。享保3年(1718年)には継友の手によって尾張国内に幽閉されるに至り、以降は徐々に酒に溺れて自暴自棄となる。この結果健康を害し、ついには享保15年(1730年)、35歳にして早世した。法号は顕照院。

脚注[編集]

  1. ^ 『尾君御系譜』、『尾藩外史略稿』など

参考文献[編集]

  • 加来耕三『徳川宗春 尾張宰相の深謀』毎日新聞社