松平福之介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 福之介(まつだいら ふくのすけ、文政13年(1830年) - 元治元年9月12日1864年10月12日))は、江戸時代後期の水戸藩士尊王志士は福長。大番頭・松平頼寧庶子

武田彦九郎勢に加わって天狗党の乱に出陣し、元治元年(1864年)9月12日、鹿島郡飯島村(現・鉾田市飯島)にて土兵に囲まれて自刃した。享年34。死後、靖国神社に合祀された[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 明田鉄男編『幕末維新全殉難者名鑑1』(新人物往来社1986年)214頁参照。

参照文献[編集]

  • 明田鉄男編『幕末維新全殉難者名鑑1』(新人物往来社、1986年)ISBN 4404013353