松平康房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 康房(まつだいら やすふさ、貞享3年(1686年) - 宝永6年2月5日1709年3月15日))は、石見浜田藩の嫡子。2代藩主・松平康宦の次男として生まれる。正室は井上正幸の娘(井上正岑養女)。子は娘(松平康豊の養女)。官位は従五位下、信濃守。

3代藩主となった兄・康員に男子がなかったため、養子となる。宝永2年(1705年)に徳川綱吉に拝謁し、翌年叙任するが、家督相続前の宝永6年(1709年)に早世した。代わって、分家の旗本家から康豊が養子に入った。