松岡城 (信濃国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
松岡城
長野県
別名 市田城
城郭構造 平山城
築城主 松岡氏
廃城年 天正16年(1588年)
遺構 郭、空堀、水堀
指定文化財 なし

松岡城(まつおかじょう)は長野県下伊那郡高森町にあった日本の城

概要[編集]

南北朝時代に、信濃国伊那郡市田郷の地頭松岡氏が、天竜川西岸の河岸段丘上先端部に築城。本郭は東端に位置し、東西95メートル、南北80メートルで、南西の崖には帯郭が巡らされ、土塁が築かれており、西方の平地に向かって堀で区切られた5つの郭を連ねている。天正16年(1588年)頃、城主の松岡貞利は徳川家康により改易され、廃城となった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]