松尾巳代治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松尾 巳代治(まつお みよじ、1847年弘化4年11月[1][2]) - 1904年明治37年)7月13日[2])は、日本の政治家衆議院議員(1期)。

経歴[編集]

肥前国長崎に生まれる[1]。貿易商と綿花肥料取引、穀物商を営む[1]。長崎土木(株)社長兼専務取締役、(資)松尾精米所社員、長崎委託、長崎新報、東洋浚渫、長崎米穀株式石油取引所各(株)監査役[1]、長崎商業会議所副会頭を務め[1]長崎市会議員長崎県会議員に就任[2]。また、1876年フィラデルフィア万国博覧会特別会員、長崎港荷受問屋総代を務めた[2]

1899年浅田次郎の死去による長崎1区の補欠選挙に立候補して当選する。衆議院議員を1期務め、1902年第7回衆議院議員総選挙は不出馬。1904年死去。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 山崎謙 編 『衆議院議員列伝』衆議院議員列伝発行所、1901年、385頁。NDLJP:778032 
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』594頁。

参考文献[編集]

  • 『衆議院議員列伝』山崎謙編、衆議院議員列伝発行所、1901年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。