東西経済回廊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東西経済回廊
ベトナムのトンネル

東西経済回廊(とうざいけいざいかいろう)[1]: เส้นทางยุทธศาสตร์สายเศรษฐกิจตะวันออก - ตะวันตกHành lang kinh tế Đông - Tây行廊經濟東-西?: East-West Economic Corridor、略称: EWEC)は、1998年発足の、インドシナ半島のうちの4カ国(ミャンマータイラオスヴェトナム)を結ぶ、全長1,450 km道路を基盤にした経済開発計画。 2006年12月12日から進められている。

経由地[編集]

ミャンマー[編集]

タイ[編集]

(ミャンマー)- メーソート郡 - ターク県 - スコータイ県 - ピッサヌローク県 - コーンケン県 - カーラシン県 - ムックダーハーン県 - ムアンムックダーハーン郡 - 第2タイ=ラオス友好橋 -(ラオス)

ラオス[編集]

(タイ)- カイソーン・ポムウィハーン郡 - サワンナケート県 - ダンサヴァンDansavan) -(ヴェトナム)

ヴェトナム[編集]

(ラオス)- ラオバオ英語版 - クアンチ省 - トゥアティエン・フエ省 - ダナン

脚注[編集]

  1. ^ 日本語代替表記:インドシナ東西回廊、東西回廊

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

アジア開発銀行