来る福招き猫まつり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊勢市の来る福招き猫まつり(2013年)

来る福招き猫まつり(くるふくまねきねこまつり)とは、毎年9月末ころに開かれる日本の祭りイベント

概要[編集]

日本招猫倶楽部が9月29日を「来る福」(くるふく)と読みなして「招き猫の日」と制定した[1]ことにちなみ、毎年9月29日前後の土日を中心に、三重県伊勢市愛知県瀬戸市長崎県島原市などで開催されている。

期間中、招き猫・関連グッズの販売、現代招き猫作家の作品展示、製作体験のほか、多くのイベントが行われる。

伊勢市おかげ横丁[編集]

1995年(平成7年)より、おかげ横丁ではさまざまな催しが行われている。 観光客も参加して「にゃんちろりん♪総踊り」という踊りが行われる。 獅子舞風の「猫舞」も披露される。 飲食店では『来る福ニャンチ』というランチメニューが提供される。数量限定。

来る福招き猫まつり in 瀬戸[編集]

「アートで歩く瀬戸のまち」をキーワードに、1996年(平成8年)より市内各地でイベントが行われている。 財団法人地域活性化センターによる「ふるさとイベント大賞」において、第12回来る福招き猫まつり in 瀬戸が優秀賞を受賞した[2]

市内十数店の飲食店では、白い陶器製の招き猫弁当箱を使用した「福々ランチ」が提供される。容器は持ち帰ることができるが、数量限定で予約はできない。

「平成の招き猫100人展」では、現代の招き猫作家の作品の中から投票によって「日本招き猫大賞」を選定している。受賞者は翌年に個展を開くことができる。

商店街各所で猫ふうのメイクをするサービスがあり、観光客やボランティアが猫メイクで漫歩する姿が見られる。

来る福招き猫まつり in 島原[編集]

喫茶店「しまばら水屋敷」(島原市万町)の主人が日本招猫倶楽部の協力の下、1998年(平成10年)より、しまばら水屋敷をメイン会場に行われている。

松屋菓子舗の期間限定饅頭、「来る福・島原ねこまん」が販売される。数量限定。

脚注[編集]

  1. ^ 日本記念日協会で正式に認定されている。なお当該ページでは「日本招き猫協会」と表記されているが、「日本招猫倶楽部」との関係は不明。2009年5月17日検索。
  2. ^ http://www.chiiki-dukuri-hyakka.or.jp/6_gyomu/event_grandprix/12thevent/03seto.htm

関連項目[編集]

外部リンク[編集]