朴寅煥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
朴寅煥
誕生 1926年[1]
大韓民国の旗 韓国 江原道 麟蹄(インジェ)
死没 1956年
墓地 忘憂里共同墓地
職業 詩人
言語 韓国語
国籍 韓国
活動期間 -
ジャンル
テンプレートを表示
朴寅煥
各種表記
ハングル 박인환
漢字 朴寅煥
発音: パク・インファン
英語表記: Inhwan Park
テンプレートを表示

朴寅煥 (パク・インファン、韓国語:박인환、1926年1956年)は韓国詩人江原道 麟蹄(インジェ)出身。[1]

略歴[編集]

朴寅煥は1926年、江原道の麟蹄で生まれた。鐘路で「マリ書」という本屋を営みながら多くの詩人と知り合い、1946年から詩を書き始めた。「町並み」「南風」「地下室」などを発表する一方、「アメリカの映画試論」を始めとした多くの映画の評論を書き、 1949年には金璟麟金洙暎などと共に「新しき都市と市民たちの合奏」を刊行してモダニズムの仲間入りした。1955年には「朴寅煥選詩集」を刊行した。「時が経つと」「木馬と淑女」などは広く愛誦される詩である。

朴寅煥は通俗を嫌悪し、原稿を書くときは句読点一つにも気を使う細かい人だったという。1955年、彼は大韓海運公社に勤めて、何の計画ももたないまま南海号という外航船に乗り外国に出た。3ヶ月後に帰ってきた彼は 「アメリカの始まり」という作品を発表した。 [2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b [1] NAVER(韓国語) 2014年閲覧。
  2. ^ [2] 韓国現代文学大辞典 2014年閲覧。