朱堯媖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
朱堯エイから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
朱堯媖
続柄 隆慶帝第四皇女

全名 朱堯媖
称号 永寧長公主
身位 長公主
出生 隆慶元年2月1日(1567年3月11日
死去 万暦22年6月5日(1594年7月22日
埋葬 清良山
配偶者 梁邦瑞
父親 隆慶帝
母親 李皇貴妃
テンプレートを表示

朱 堯媖(しゅ ぎょうえい、隆慶元年2月1日1567年3月11日) - 万暦22年6月5日1594年7月22日))は、隆慶帝の四女で万暦帝の同母妹。永寧長公主に封じられた。母は李皇貴妃

隆慶元年2月1日(1567年3月11日)辰時に生まれた。万暦10年2月21日(1582年3月15日)、宦官の馮保と宰相の張居正の媒妁によって、富民の梁邦瑞に降嫁した。梁邦瑞は結核に冒され重篤であったが、数万両という大金を媒妁などに費やし、公主の婿になった。婚礼後、宮中の使用人たちも梁邦瑞に金品を要求したが、金が足りず、梁邦瑞を殴ったという。同年4月18日(同5月9日)、梁邦瑞は死亡した。その後、朱堯媖は寡居生活を送った。処女のままであったという。

万暦20年(1592年)、文禄の役における日本と明の間の講和交渉で、豊臣秀吉は明の公主[1]後陽成天皇[2]の妃とすることなどを講和条件に示した。しかし、沈惟敬ら明の使節は虚偽の報告を行い、この講和条件が万暦帝に達することはなかった。万暦22年6月5日(1594年7月22日)戌時、朱堯媖は薨去した。清良山に葬された。

参考文献[編集]

  • 明史』 - 列伝第九 公主伝
  • 『明神宗実録』
  • 『永寧長公主墓志銘』

脚注[編集]

  1. ^ その当時、年齢的に結婚可能な公主のうちで、朱堯媖だけが独身であった。
  2. ^ 豊臣秀吉の開戦以前の計画には、後陽成天皇を北京に遷して中国の皇帝とするというものもあった。