本阿彌日洲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

本阿彌 日洲(ほんあみ にっしゅう、旧姓・平井、本名・猛夫、1908年明治31年)2月23日 - 1996年平成8年)7月13日)は、日本刀研師および鑑定者。刀剣研磨重要無形文化財保持者(人間国宝)。子に、同じく刀剣研師で人間国宝に選ばれた本阿弥光洲がいる。

略歴[編集]

  • 幼少の頃から父・平井千葉から刀剣研磨や鑑定の指導を受ける。その後本阿彌琳雅に師事。
  • 1928年、本阿彌家の養子となる。
  • 文部省の依頼で、神社仏閣蔵の国宝、重要美術品の刀剣研磨に従事。
  • 1975年4月23日、小野光敬とともに、刀剣研磨で重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。
  • 1996年7月、没。享年88

著書[編集]

  • 『甦る日本美』

関連項目[編集]