本間光雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本間 光雄(ほんま みつお、1951年12月5日 - 2018年12月26日[1])は、浦和競馬場所属の元騎手調教師。騎手時代は川崎記念3連覇、浦和記念に5度優勝、NARグランプリ優秀騎手賞を5度受賞するなど浦和競馬を代表する存在であった。

調教師としての初出走は2001年6月11日浦和競馬第10競走雁坂特別(ムサシブライアン、9着)[1]、初勝利は同年9月5日浦和競馬第2競走(エビスタイクン)[1]

2010年浦和開催リーディング2位。

2018年12月26日8時14分(JST)、死去。67歳没。本間の死去に伴い管理していた在厩馬は岡田一男厩舎へ暫定的に転厩した[1]

主な騎乗馬[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d “【訃報】本間光雄調教師の逝去について”. 浦和競馬ニュース. 埼玉県浦和競馬組合. (2018年12月27日). http://www.urawa-keiba.jp/news/nws2018122701.html 2018年12月28日閲覧。