本田勝彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

本田 勝彦(ほんだ かつひこ、1942年昭和17年)3月12日 - )は、日本の実業家。元日本たばこ産業社長会長相談役。2012年より顧問。NHK経営委員会委員長職務代行者。

人物[編集]

1942年、鹿児島県日置郡(現・日置市)において、小学校教諭の父・省吾と母・藤の間に、5人兄弟の4番目として誕生。町立日置小学校を経て、日置中学校3年在籍中の10月に長兄のいる東京へ移り、足立区立第十六中学校に転校。東京都立上野高等学校を経て、1965年東京大学法学部卒業後は、日本専売公社(現・日本たばこ産業)に入社。人事部長、たばこ事業本部長などを経て、2000年に日本たばこ産業 (JT) 社長に就任した。JT社長を退任後は会長、相談役を経て顧問。また、NHK経営委員会委員長職務代行者[1]日本取引所グループ取締役[2][3]を務める。

安倍晋三(のちの内閣総理大臣)が成蹊小学校在学時に家庭教師を務めた。

脚注[編集]

[ヘルプ]