木谷徳雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

木谷 徳雄(きたに とくお、1909年2月15日- 1947年1月)は日本のスピードスケート選手。

1909年、中華民国奉天省安東市に生まれる[1]

1929年の第1回全日本スピードスケート選手権大会で優勝[2]。1932年のレークプラシッドオリンピックでは500m、1500m、5000m、10000mの4種目に出場したがいずれも予選で敗退した。

1944年満州にて招集され、終戦後はソ連によって抑留される[1]。1947年、シベリア南部チタ州の収容所にて肺炎の為死去[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『朝日新聞』1993年3月26日朝刊22頁「戦没五輪選手、また一人 スケート初陣の木谷徳雄さん JOC調査 」
  2. ^ 第一回全日本スケート競技選手権大会を八戸で開催 【1930/昭和05年01月13日/東京朝日(夕刊)】

外部リンク[編集]