木幡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

木幡(許波多、こはた)は京都府宇治市の北部に位置する地名。

概要[編集]

古代の木幡は山城国宇治郡から紀伊郡にかけての広域をさす地名であったが、平安時代後期には宇治郡内だけをさすようになり,近世には同郡木幡村が成立して範域が固定した。

式内社(名神大社)に比定されている許波多神社が木幡と五ヶ庄の隣接する2つの地区にある。また、古代木幡の北部に位置する桃山丘陵は、豊臣秀吉伏見城を築城するまでは木幡山と呼ばれていた。

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]