木下賢一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木下 賢一(きのした けんいち、男性、1974年 - )は、日本社会起業家

人物[編集]

日本における相対的貧困をなくすことを使命として社会起業活動を行う。発達障害を持つ子や親を支援。行政書士としては中小企業支援を行っている。

経歴[編集]

1974年、長崎県長崎市生まれ。法学士

2005年、長崎市市民相談相談員に就任。家裁の審判により遺言執行者就任。

2006年、商工会や社団法人長崎県雇用支援協会等にて講師を歴任。

2007年、CSRコンプライアンス等の重点化。

2008年、新公益法人移行サポート開始。

2016年、認知症サポートリーダー就任、長崎市市民後見人登録、社会福祉協議会生活指導員。

プロジェクト[編集]

  • インターネット選挙投票の促進(スマホから投票するシステム)
  • 長崎地域活性化、商店街・介護・障害を一括包括するシステム
  • 長崎市市民所得倍増計画
  • キフスル(日本の寄付文化促進)
  • ねこのて(成年後見と身元引受制度)
  • 生き切る(生きる意味)
  • 発達障害の子と親を守る会
  • 長崎市、耕作放棄地・空き家問題解決プロジェクト 等

関連事項[編集]

外部リンク[編集]