木下康仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木下 康仁(きのした やすひと、1953年3月 - )は、日本社会学者立教大学社会学部教授。

経歴[編集]

著書[編集]

単著 

  • 『老人ケアの社会学』医学書院,1989.
  • 『福祉社会スウェーデンと老人ケア』勁草書房,1992. (OD版、2003年8月)
  • 『老人ケアの人間学』医学書院,1993.
  • 『ケアと老いの祝福』勁草書房,1997.
  • 『グラウンデッド・セオリー・アプローチ:質的実証研究の再生』弘文堂,1999.
  • 『グラウンデッド・セオリー・アプローチの実践:質的研究への誘い』 弘文堂、2003

共著

  • Refuge of the Honored: social organization in a Japanese Retirement Community, Y. Kinoshita and C.W. Kiefer,University of California Press,1992.

翻訳[編集]