木下哲三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

木下 哲三郎(きのした てつさぶろう、1853年2月6日嘉永5年12月28日[1]) - 1907年明治40年)7月30日[2][3])は、明治時代の司法官大審院判事

経歴[編集]

肥後熊本藩熊本城下新屋敷町(熊本区を経て現熊本市)出身[2]1874年(明治7年)法学試験生徒となり[1]、フランス法学を学ぶ[3]

累進して1886年(明治19年)司法省参事官となり、1890年(明治23年)大審院判事に進んだ[1]1891年(明治24年)ロシア皇太子を負傷させた大津事件の裁判にあたり、大審院判事として判決に関わった[3]

ほか、会計検査官懲戒裁判所裁判官や判検事登用試験委員[1]明治法律学校講師[4]を歴任した。1907年(明治40年)7月30日、脳溢血により死去した[2]

親族[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 人事興信所 1903, 990頁.
  2. ^ a b c 大植 1935, 1037頁.
  3. ^ a b c 上田ほか 2001, 626頁.
  4. ^ 明治大学百年史編纂委員会 『明治大学百年史』 第三巻 通史編Ⅰ、145頁
  5. ^ 人事興信所 1915, し16頁.

参考文献[編集]

  • 人事興信所 編 『人事興信録 初版』人事興信所、1903年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/779810 
  • 人事興信所 編 『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1703995 
  • 大植四郎 編 『国民過去帳 明治之巻』尚古房、1935年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1262271 
  • 上田正昭ほか 監修 『講談社日本人名大辞典』講談社、2001年。ISBN 4062108496