朝山新一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1953年

朝山 新一 (あさやま しんいち、1908年明治41年)1月18日 - 1978年昭和53年)11月7日)は、日本の性科学者。戦前、労働者、学生の性行動を調べ、戦後「現代学生の性行動」を報告。日本のキンゼイ博士と言われた。

略歴[編集]

明治41年1月18日京都府で生まれた。1934年京都帝大理学部動物学科卒業。大学院修了。1941年新京畜産獣医大学教授。応召(1944-1946年)。満州時代は最も起伏の多い経験をしたと述べている[1]。1947年神戸経済大学予科教授。1949年大阪市立大学理工学部教授(生物学教室動物発生形態学)、理学部長(1967-1969)1971年3月定年退職。1972年日本性教育協会の創立に参加。昭和53年11月7日死去。1979年キンゼイ博士と共に第一回国際性学賞受賞。

彼の研究の特徴[編集]

[2]

朝山は、若い人の性行動の研究を生物学の領域と考えていた。彼によると一般に行動は社会的要因と生物学要因の関数として表される。ところが社会が急激に変化し、混乱が現れると(終戦直後など)社会的要因の行動の条件づけのが希薄になる。しかし、これだけが彼の研究の真意でなく、将来の社会にふさわしい、健康な性生活の指標と教育の基礎資料を目指した。1948年から翌年にかけて、学生のデータをとり、1948年に「現代学生の性行動」を発表した。キンゼイ報告の1年後である。朝山は1978年日本の若い人の性の特徴を3点挙げた。第一は性発達や性行動の急速な促進、第2は女性の性心理の男性への収斂、第3は十代後半の女性の性活動が同年男性のそれを上回るという「乗り越え現象」である。その後30年たったが、大枠はくずれていない。

業績[編集]

  • 『性の現象』1939
  • 『現代学生の性行動』1949
  • 翻訳『キンゼイ報告 女性版』1954
  • 『性の記録』1957
  • 『20世紀のセックス』1958
  • 『生活の中のセックス』1960
  • 『性教育』1967 中公新書

文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 村上[2010:176]
  2. ^ 村上[2010:176]この項の著者は斎藤光