望月良和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
望月 良和
もちづき よしかず
生年月日 (1941-10-02) 1941年10月2日(78歳)
出生地 日本の旗 日本静岡県
出身校 日本大学短期大学部
所属政党 無所属

当選回数 2回
在任期間 2005年4月24日 - 2013年4月23日

当選回数 4回
在任期間 1991年 - 2005年3月31日

Ohito Shizuoka chapter.JPG 大仁町議会議員
当選回数 1回
在任期間 1987年 - 1991年
テンプレートを表示

望月 良和(もちづき よしかず、1941年10月2日 - )は、日本政治家。元静岡県伊豆の国市(2期)。

来歴[編集]

静岡県出身。 静岡県立韮山高等学校を経て、日本大学短期大学部商経学科卒業。 1987年(昭和62年)、 静岡県大仁町議会議員に就任。 1991年(平成3年)、 静岡県大仁町長に就任(4期)。

2005年(平成17年)4月1日、 大仁町が伊豆長岡町韮山町と合併して伊豆の国市となる。それに伴って行われた同年4月24日の伊豆の国市長選挙に出馬、当選を果たす。2009年(平成21年)4月19日に行われた伊豆の国市長選挙において2期目の当選。2013年(平成25年)4月21日に行われた市長選挙に3期目を目指して出馬するも、元静岡県議会議員の小野登志子に敗れ落選[1]

脚注[編集]