有馬誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
有馬 誠
生誕 (1956-10-20) 1956年10月20日(64歳)
出身地 日本の旗 日本 大阪府大阪市
学歴 京都大学工学部
職業 実業家

有馬 誠(ありま まこと、1956年昭和31年〉 - )は日本実業家楽天グループ副社長執行役員CRO。 大阪府大阪市生まれ、1980年京都大学工学部卒業。[1]

Yahoo! JAPANGoogleにて国内インターネット広告を中心とした事業に着手。ヤフー株式会社の第一号社員であり、グーグル株式会社(現グーグル合同会社)の元代表、現在は楽天株式会社 の副社長や楽天データマーケティング株式会社の代表取締役を務め、インターネット広告市場の黎明期から携わり、その実績から現在では「日本のインターネット広告の父」とも呼ばれている。[2]

米国のネット広告会社「AdRoll[3]」社の副社長兼日本法人「アドロール株式会社」の取締役会長を務め日本での事業立ち上げを支援した実績を持ち、2017年10月より、楽天と電通のジョイントベンチャーとして設立される「楽天データマーケティング(株)」のCEOに就任し、楽天経済圏のデータと電通の持つ知見と顧客基盤を活用してテレビネット、実店舗を「データで直結した」マーケティングプラットフォームを開発した。[4]

自らが代表取締役を務めるMAKコーポレーションでITに関する講演・執筆活動をしていたが、楽天株式会社 副社長執行役員就任を理由に新たな講演依頼は受け付けていない。 [5]

経歴[編集]

略歴[編集]

書籍[編集]

著書[編集]

  • 『ギャップはチャンスだ』(2014年12月 出版:日経BP ISBN 9784822225346)
  • 『転職メソッド』(2006年 出版:しののめ出版 ISBN 9784405004399)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 自己紹介 有馬誠 – プロフィール” (2014年5月6日). 2020年3月12日閲覧。
  2. ^ a b 「日本のインターネット広告の父」である有馬誠氏が目指す、究極のデジタルマーケティングに迫る” (2019年3月31日). 2021年5月20日閲覧。
  3. ^ AdRoll - Digital Marketing & Growth Marketing Platform” (英語). AdRoll. 2020年3月25日閲覧。
  4. ^ 電通と楽天が新会社設立”. 2021年5月20日閲覧。
  5. ^ MAKコーポレーション”. 2021年5月20日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah 株式会社マーベラス 役員の略歴 (2019年3月期)” (2019年3月31日). 2021年5月20日閲覧。
  7. ^ a b 第9回 情報量と仕事のスピードは 普通の会社の約3倍。 強さの源は「Do the right thing」をやり通す力にあり”. 2021年5月20日閲覧。
  8. ^ google専務執行役員営業本部長就任直後のインタビュー cnet” (2010年1月29日). 2021年5月20日閲覧。
  9. ^ “【人事発表】AdRoll Inc.日本法人 取締役会長 有馬 誠 退任” (プレスリリース), (2017年7月26日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000027.000012836.html 2021年5月20日閲覧。 
  10. ^ a b 7844 マーベラス 役員「有馬誠」の状況” (2020年3月31日). 2021年5月20日閲覧。

外部リンク[編集]