有田潤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

有田 潤(ありた じゅん、1922年1月24日[1] - 2011年4月11日)は、日本の哲学研究者。

略歴[編集]

東京出身。早稲田大学文学部哲学科卒、早大商学部助教授、教授(ドイツ語)。1992年定年、名誉教授。ギリシャ・ラテン哲学、ショーペンハウアーなどを研究し翻訳も行った。

著書[編集]

  • 『ラテン語基礎1500』編 大学書林 (基礎1500双書)1957
  • 『初級ラテン語入門』白水社 1964
  • 『哲学はいかにして生まれたか』1969 講談社現代新書
  • 『わかるドイツ語入門12講』南江堂 1982
  • 『ラテン文法表 インデックス式』白水社 1984
  • 『ドイツ語学講座』全6巻 南江堂 1985-1997
  • 『入門ドイツ語冠詞の用法』三修社 1992
  • 『ドイツ語基本単語と公式』三修社 1995
  • 『ドイツ語学講座 4』外語研究社 2007

翻訳[編集]

  • アンドレ・クレッソン『古代哲学』白水社 (文庫クセジュ)1955
  • ジャン・ブラン『ストア哲学』白水社 (文庫クセジュ)1959
  • ジャン・ブラン『エピクロス哲学』白水社 (文庫クセジュ)1960
  • ポール・クロッシェ『ギリシヤ古典文化入門』白水社 (文庫クセジュ)1961
  • ジャン・ブラン『ソクラテス』白水社 (文庫クセジュ)1962
  • ジャン・ブラン『アリストテレス』白水社 (文庫クセジュ)1962
  • ジャン・ポール・デュモン『ギリシャ哲学』白水社 (文庫クセジュ)1963
  • 『やさしいラテン語読本 全訳・註解』大村雄治,古川晴風共編 大学書林 1964
  • シャンドン『ホメロス物語』白水社 1965
  • ジャン・コラール『ラテン文法』白水社 (文庫クセジュ)1968
  • エミール・ジュネ『ギリシァ神話物語』白水社 1968
  • シャルル・ギロー『ギリシア文法』白水社 (文庫クセジュ)1970
  • 『ショーペンハウアー全集 7(意志と表象としての世界 続編 3)』塩屋竹男共訳 白水社 1996
  • 『ショーペンハウアー全集 10(哲学小品集 1)』白水社 1996
  • ジャクリーヌ・ド・ロミーイ『ホメロス』白水社 (文庫クセジュ)2001

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987