布ナプキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
月経布から転送)
移動先: 案内検索
日本製布ナプキン(サニーデイズブランド)
LittleGumnut Cloth Pads CSP.jpg

布ナプキン(ぬのなぷきん、Cloth menstrual pad)とは、綿などのから作られる生理用品である。月経布ともいう。

機能[編集]

市販の使い捨てナプキンと違い、洗って繰り返し使用することができる[1]。ただし取り換える時間は2時間が目安で[1]、これは紙ナプキンと変わらない[1]。またなるべく早く洗うことが推奨されている[1]。通気性が優れていることや肌へのストレスが少ないことがメリットとして挙げられている[1]

緊急時にはタオルハンカチティッシュを組み合わせて自作することができる[2]。また紙ナプキンが購入できない国の人々に対して洗う時間を短縮した商品なども開発されている[3]

利点[編集]

店頭に並ぶ国産のアップサイド社製布ナプキン

欠点[編集]

  • 外出などの際に使用済みのナプキンを持ち帰らなければならない。
  • 洗濯の際に、通常の衣類用洗剤では経血を落としきれない場合があるため、専用の洗剤を用いてつけおき洗いをしなければならないなどの手間がかかる。

議論[編集]

月経の負荷の軽減や体調の改善などが自然派の人々の中でうたわれているが、医師の宋美玄は医学的な根拠がないと指摘している[5]

また機能性や不便さはありながらも、女性の身体やスピリチュアリティの観点からの利点があることを宗教学者の橋迫瑞穂は指摘している[6]

メーカー[編集]

ドラッグストアで販売される布ナプキン(日本

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 対馬ルリ子 『生理(月経)のトラブルがつらいときの本』 (初版) 視覚障害者支援総合センター〈みんなの女性外来〉、2008年11月25日、111頁。ISBN 978-4-09-304353-3NCID 21634302 
  2. ^ もしもマニュアル 衛生”. 東京防災. 東京都. p. 203 (2015年9月1日). 2017年5月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月29日閲覧。
  3. ^ Eleanor Goldberg (2015年8月11日). “貧しい国の少女たちの悩み「布ナプキン」 アメリカの芸大生が解決した”. HUFFPOST LIFESTYLE. The Huffington Post Japan. 2017年5月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月29日閲覧。
  4. ^ 金丸裕子 (2008年5月15日). “生理用ナプキンに新しい流れ 「布ナプキン」が売り上げ伸ばす”. 日経ビジネスONLINE. 日経BP社. 2017年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月28日閲覧。
  5. ^ 宋美玄 (2016年12月8日). “布ナプキンで「子宮が温まる」「生理痛が減る」は眉唾”. DRESS. communitas. 2017年5月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月29日閲覧。
  6. ^ 橋迫瑞穂 「モノと女性のスピリチュアリティ: 「布ナプキン」の事例から」、『宗教研究. 別冊』 (日本宗教学会)375頁、2016年3月30日NCID AA12673161 

関連項目[編集]