月刊アニマルハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

月刊アニマルハウス』(げっかんアニマルハウス)は、かつて白泉社が発行していた月刊漫画雑誌。単行本は、前身誌から引き続き「ジェッツコミックス」レーベルでの取り扱い。1989年3月(5月号)に創刊された青年漫画雑誌。出版元である白泉社で唯一の男性向け雑誌としてスタートした『少年ジェッツ』および後継誌『月刊コミコミ』の流れを組む漫画雑誌である。

カテゴリーを「少年誌」から「青年誌」へとシフトしたで、誌面の大幅な刷新が図られている。掲載される作品の傾向として、主要登場人物の高年齢化、お色気路線の導入など、青年コミック誌として対象読者に合わせた変化が挙げられる。他方、SF作品の極端な減少などが特徴的な変化と言える。

そのため、創刊時点では前身の未完に終わった『エルフ・17』、後に他誌で継続された『妖怪始末人トラウマ!!』のように『月刊コミコミ』からの継続作品は掲載されていなかった。ただし、『低俗霊狩り』は中断の後、後継誌の『ヤングアニマル』で連載が再開されており、また『月刊コミコミ』の休刊直前に読み切りが掲載された『ベルセルク』の連載を開始するなど、前身誌の流れを完全に排除している訳ではない。他には、作品の継続は無いが「南里こんぱる」からペンネームを改めた「唐沢なをき」も作品を発表している。

1992年に休刊となり、後身の『ヤングアニマル』へとリニューアルされた。『ファイター』などが未完のまま終了する一方、『あばよ白書』『ベルセルク』『砂の薔薇』などは『ヤングアニマル』で引き続き掲載された。

主な連載漫画[編集]

ヤングアニマルで継続した作品[編集]

外部リンク[編集]