雨宮淳 (漫画家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
雨宮 淳
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
公式サイト 淳の青春夢日記
テンプレートを表示

雨宮 淳(あまみや じゅん)は、日本漫画家。昭和3×年1月12日千葉県千葉市生まれ[注 1]日本大学芸術学部映画科卒。

初期には「雨宮 じゅん」という表記の名義も用いたことがある。デビューは1979年ガロ』6月号[2] 入賞作品の「伸助君のあるばいと」(本人のエッセイマンガ『淳のおあそびタイム♡』より[注 2]。「明石明」名義で発表)。また、「明石ただし」名義でミリタリー雑誌のカットや少年誌に連載を持ったこともある。明石名義では「明石正」表記、雨宮名義では「あまみや淳」表記も用いており、他に2000年代に入ってから「あまみや淳子」名義も用いている。

1980年代の『変態女教師シリーズ』など、初期作品の頃から女装男の娘、服装系の水着レオタードなどのフェティシズム性をあつかっており、雨宮も「どうして美少年の痴態をモチーフにする作家がいないのか、不思議でならない」と描いて、自身にも女装趣味があるのを公言している[注 3]

1996年からは月刊少年ジャンプにて『ショッキングBOY』を連載した。性的な描写に対する規制が緩かった時代の連載作であり少年誌にも関わらず女性の乳房が描かれていた。また登場する女性の半数以上がグラマーな女性となっておりバストが100cmを越えた女性も複数登場していた。

2010年代前半を以って事実上筆を置いており、以降作品は発表されていない。1998年に制作されていた自らのホームページも、製作途中で停止している(多数の性的画像を含むため、観覧には注意が必要。)。

ミリタリー趣味、そしてレーシングカーラジコンの趣味があり[注 4]、作中でも「無限」高校や「京商」高校などのブランド名が登場したり[6]B-29[7]M1戦車[8]、レーシングカー[9] が登場するカットもある。

作品リスト[編集]

明石ただし名義[編集]

雨宮淳名義[編集]

雨宮じゅん名義[編集]

あまみや淳子名義[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 昭和何年なのかは不明[1]
  2. ^ 当時、デビュー作の原稿が未返却だったらしく、作中で「返して下さい」と訴えている[3]
  3. ^ USA製ハイレグカットの水着を着用していると告白している[4]
  4. ^ エッセイマンガにラジコンを製作する模様が描かれている[5]

出典[編集]

  1. ^ 単行本『CASE B』裏表紙より。
  2. ^ フランス書院『先生、許しません!』(1987年)、176頁。ISBN 4-8296-7013-4
  3. ^ 『先生、許しません!』、196-197頁。
  4. ^ 『先生、許しません!』、182-186頁。
  5. ^ 『先生、許しません!』、190頁-198頁。
  6. ^ 『先生、許しません!』掲載、『2010年の変態女教師』、114頁。
  7. ^ 『変態女教師 愛を夢見て…』掲載、『精霊たちの帰還』、192-193頁。
  8. ^ 『先生、許しません!』掲載、『ARMORED LADY』、159-168頁。
  9. ^ 『変態女教師 CASE B』掲載、『9月の雨』、145頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]