月刊コミコミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

月刊コミコミ』(げっかんコミコミ)は、かつて白泉社が発行していた月刊漫画雑誌。単行本は、前身誌から引き続き「ジェッツコミックス」レーベルでの取り扱い。

概要[編集]

白泉社唯一の男性向け雑誌として創刊された『少年ジェッツ』を前身として、1983年3月(5月号)に創刊された少年漫画雑誌。1988年10月(12月号)まで発行された。

独自のメディアミックス体制を持たなかったため、アニメ化・ゲーム化された作品は少ない。同時期の中堅雑誌『月刊少年キャプテン』(徳間書店)、『月刊コミックNORA』(学習研究社)、『月刊コミックコンプ』(角川書店)等が、創刊当初から想定された販売戦略ではないものの、メディアミックスのブームに徐々に乗って1990年代に続いた事と比較すれば、本誌はその過渡期の雑誌とも言える。

本誌は、前身誌の『少年ジェッツ』の流れを受け継ぐ「少年誌」という位置付けだったが、休刊後にリニューアル創刊された『月刊アニマルハウス』では「青年誌」にカテゴリーを変更した。休刊直前に連載されていた作品は未完に近い状態で中断し、未完に終わった『エルフ・17』や後に他誌で新シリーズが発表された『妖怪始末人トラウマ!!』のように新雑誌への移行は行われていない。

ただし、『ベルセルク』は本誌での新人賞受賞作をリメイクして『月刊アニマルハウス』にて連載が開始され、『ヤングアニマル』でも継続している。また、『低俗霊狩り』は中断の後、次の後継誌である『ヤングアニマル』にて再開されている。

主な掲載作品[編集]

その他[編集]

  • 士郎正宗の『ドミニオン』(読み切り版)が『コミック読本SF大特集』1985年AUTUMN号に掲載された。これが、彼の雑誌への初掲載作品である。その後1986年には本誌にて全3回掲載され、単行本が発売された。なお、先行して同1985年の2月に青心社より『アップルシード』が描き下ろしで刊行されており、これがデビュー作品である。
  • 三浦建太郎の『ベルセルク』(読み切り版)が1988年11月号にて掲載され、後年のヒット作のプロトタイプとなっている。後に『月刊アニマルハウス』にて連載が開始され、後継誌の『ヤングアニマル』にて現在[いつ?]も継続中である。
  • 2000年8月のコミックマーケット(C58)で、「コミコミ復活委員会」同人誌として『コミコミ2000』が発行。
企画の趣旨は、同誌の当時の作家による自主制作の「復刻版」である。なお、『コミコミ2001』の企画もあったがこちらは実現していない。
掲載作品は、『ラブ・シンクロイド』(柴田昌弘)、『アウトランダーズ』(真鍋譲治)、『低俗霊狩り』(奥瀬早紀)、『妖魔ミカヅキ』(田中雅人)、『RUN RUN RUN』(相沢早苗)、『ポリタン』(とり・みき)、『マジカルエンジェル魔弥』(佐藤文彦)、『FF2000』(砂倉そーいち)他。
それ以外の執筆陣は、神崎将臣、大橋薫、原口清志、みやすのんき、中西裕、池田恵美樹まさと

関連書籍[編集]

  • コミコミ特別編集 コミック読本SF大特集
本誌に関連して刊行された季刊の漫画雑誌。表紙には「オール読切・超傑作ぞろい」・「全600ページ」・「コミックス3冊分」・「保存版」などのコピーがあった。なお、実際のページ数は号毎に変動がある。『コミック読本ヒーロー大集合』や『吾妻ひでお特集号』『とり・みき特集号』など、ジャンルをSFに限定しないオムニバス形式の増刊号も存在する。
前身誌の『少年ジェッツ』時代に刊行されていた『少年ジェッツ特別編集(ここに特集名)特集号』。前身誌は200ページ超の平綴じなのに対し、『コミック読本SF大特集』は500ページを越える。
執筆陣は、柴田昌弘、真鍋譲治、山本貴嗣など本誌の看板作家の他、山田ミネコ高橋葉介などがいる。高橋葉介は、本誌の初期に何度か短編作品が掲載されている。
  • メルティ・レモン』(タイトル・ロゴなどでは、中黒点「・」の個所が「ハート」の記号の場合あり)
本誌と同時期(1985年~1986年)に不定期で刊行された「美少女コミック」誌。全編読みきり作品のオムニバス形式で、ジェッツコミックスのレーベルで刊行されていた。全7号。本誌とは直接的に連動していない。
当時流行していた「美少女コミック」ブームに乗る形で企画されたアンソロジーコミック
タイトルには「FOR BOYS」のコピーが全号共通で添えられている。表記揺れはあるが全号とも「オール新作」を謳い文句にしている。また、1986年に入ってからの第5号に「ザ・リフレッシュ」、第6号に「ザ・スリリング」、最終号となる第7号に「クライマックス」の副題がついている。
全7回の発行すべてに作品を発表した執筆陣は、『月刊コミコミ』本誌でも作品を発表していた中西裕、西秋ぐりん、佐藤文彦克・亜樹などの他、あだちたかし岡崎京子MEIMUの7名。掲載作家は30名近くいる。

脚注[編集]

  1. ^ 妖魔ミカヅキ - マンガ図書館Z(外部リンク)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]