最上川スワンパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
最上川スワンパーク

最上川スワンパーク(もがみがわスワンパーク)は、山形県酒田市にある公園最上川河口に位置し、水辺ふれあい公園としても親しまれている。ハクチョウの飛来地として知られ、ハクチョウのモニュメントもある。

1966年シベリアから最上川河口に7羽のハクチョウが飛来したことが後の飛来地の整備としての始まりとされている[1]1996年に日本一のハクチョウ飛来地となり、冬場は毎年約1万羽のハクチョウが飛来している[2]

冬場は無料休憩施設が設置される。

アクセス[編集]

駐車場あり。

周辺[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

座標: 北緯38度54分13.7秒 東経139度49分59.1秒 / 北緯38.903806度 東経139.833083度 / 38.903806; 139.833083