春日神社 (杉並区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
春日神社
Kasuga Jinja (Suginami).JPG
所在地 東京都杉並区宮前3-1-2
主祭神 武甕槌命経津主神天児屋根命毘売命
社格 村社
創建 万治年間(1658年 - 1660年
別名 大宮前春日神社
例祭 9月15日
テンプレートを表示

春日神社(かすがじんじゃ)は、東京都杉並区宮前にある神社[1]。当地の地名・宮前の由来とも言われている。

由緒[編集]

当神社は旧大宮前新田の鎮守で、万治年間(1658年 - 1660年)に、井口八郎右衛門の勧請によって創建されたと伝えられる。別当寺は隣接してある慈宏寺であった。明治5年(1872年)11月に村社となり、拝殿は明治10年(1877年)、本殿は明治21年(1888年)の建築である。社殿前の「大宮前鎮守」の石碑は、この地域の地名変更に伴って「大宮前」の地名がなくなるのを憂い、それを保存する意図で造立されたと言われている。

境内社[編集]

本殿側より

アクセス[編集]

参考資料[編集]

  • 下高井戸浜田山八幡神社内春日神社サイト

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会編『角川日本地名大辞典13 東京都』角川書店、1978年、888頁

兼務社[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]