星野応韶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

星野 応韶(ほしの まさつぐ、1890年明治23年)10月14日 - 1965年昭和40年)1月6日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍少将

経歴[編集]

1890年(明治23年)10月14日、京都府[1]京都市下京区で、星野俊松、千賀夫妻の長男として生まれる[2][3]1910年(明治43年)旧制修道中学校(現修道中学校・修道高等学校)を卒業し、海軍兵学校に入学[4]1913年(大正2年)に海軍兵学校(41期)を卒業し、海軍少尉候補生となり、1914年(大正3年)12月1日、海軍少尉に任官[2]。その後、海軍潜水学校教官、第38潜水艦(呂号第20潜水艦)艦長心得、第2潜水戦隊参謀、第2艦隊副官、巡洋艦鈴谷副長、戦艦長門副長、運送艦間宮特務艦長、呉軍需部総務課長、海軍省電信課長兼軍令部課長、佐世保海軍工廠総務部長兼工員養成所長を歴任[2]1942年(昭和17年)少将に昇任。その後、横須賀人事部長兼横須賀鎮守府人事長、第21特別根拠地隊(スラバヤ)司令官、大阪在勤武官兼船舶警戒部大阪支部長、兼大阪港湾警備隊司令などを経て、1945年(昭和20年)10月15日予備役に編入[2]1965年(昭和40年)1月6日逝去[5]

脚注[編集]

  1. ^ 参拾壱 頁 海兵41期
  2. ^ a b c d 『日本海軍史』第10巻、407-408頁。
  3. ^ 人事興信所編『人事興信録』第14版 下、1943年、ホ9頁。
  4. ^ 修道学園史(昭和53年)161頁
  5. ^ Naval Data Base「星野応韶」

参考文献[編集]

  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第10巻、発売:第一法規出版、1995年。

関連項目[編集]