明日、君がいない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
明日、君がいない
2:37
監督 ムラーリ・K・タルリ
脚本 ムラーリ・K・タルリ
製作 ニック・マシューズ
ケント・スミス
ムラーリ・K・タルリ
出演者 テリーサ・パーマー
音楽 マーク・チャンズ
撮影 ニック・マシューズ
編集 ニック・マシューズ
ムラーリ・K・タルリ
デイル・ロバーツ
配給 シネカノン
公開 フランスの旗 2006年5月26日CIFF
オーストラリアの旗 2006年8月17日
日本の旗 2007年4月21日
上映時間 99分
製作国 オーストラリアの旗 オーストラリア
言語 英語
テンプレートを表示

明日、君がいない』(あした、きみがいない、原題:2:37)は、2006年制作のオーストラリア映画。日本でのキャッチコピーは「追いつめられても、SOSが届かない[1]

概要[編集]

2時37分に校内で起こるある事件に至るまでの1日の、悩める6人の高校生を描いたドラマ。2006年のカンヌ国際映画祭で高い評価を得た。コロンバイン高校銃乱射事件を描いたガス・ヴァン・サント監督の『エレファント』の手法をベースにした撮影手法を用いている。 監督ムラーリ・K・タルリが本作を撮ったのは19歳のときであった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
メロディ テリーサ・パーマー 伊東久美子
ショーン ジョエル・マッケンジー 桐井大介
ケリー クレメンティーヌ・メラー 中村公子
スティーヴン チャールズ・ベアード 桑原敬一
ルーク サム・ハリス 酒井敬幸
マーカス フランク・スウィート 羽多野渉
サラ マルニ・スパイレイン 米澤円

ストーリー[編集]

午後2時37分。オーストラリア南部の高校で誰かが自殺を図る。

その日の朝。弁護士を目指す優等生のマーカス、両親の自分に対する扱いに不満を抱くマーカスの妹メロディ、スポーツマンで人気者のルーク、自分たちは最高のカップルと信じるルークの恋人サラ、ゲイに対する差別に悩みマリファナに手を出すショーン、排尿障害によりいじめを受けるスティーブン、6人の高校生がそれぞれに悩みを抱えながら登校する。

自殺するのは誰なのか、いったい何が原因だったのか…。

出典[編集]

  1. ^ 明日、君がいない”. ウーマン エキサイト シネマ(映画). 2011年6月18日閲覧。

外部リンク[編集]