旧植松家住宅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
旧植松家住宅
裾野市中央公園内に所在する旧植松家住宅の外観
所在地 静岡県裾野市千福7-11中央公園内
位置 北緯35度11分4.7秒
東経138度54分15.7秒
座標: 北緯35度11分4.7秒 東経138度54分15.7秒
類型 民家
形式・構造 木造、寄棟造り茅葺
文化財 重要文化財(建造物)
テンプレートを表示

旧植松家住宅(きゅううえまつけじゅうたく)は、静岡県裾野市千福の裾野市中央公園内にある古民家。国の重要文化財に指定されている[1]。植松家は建久4年(1193年)に尾張国津島より当地に移住し、江戸時代には当地の名主を務めた[2]。1971年(昭和46年)には文化庁の古民家緊急調査対象となり、1973年(昭和48年)6月2日に国の重要文化財に指定され、翌1974年(昭和49年)に裾野市中央公園に移築された[2]

構造[編集]

寄棟造りで正面から北側にかけて土庇が巡っており、東を正面とし、土間、広間、座敷、納戸の3間取りで構成されている[3]。桁行16.059メートル、梁間北面7.878メートル、南面8.787メートル[3]

歴史[編集]

建築年代[編集]

建物は建造年代についての資料はない。形式手法からみて、江戸時代中期(1700年頃)の建築と推測される[4]

建物[編集]

1971年(昭和46年)に裾野市石脇328番地にあった植松家住宅が文化庁の古民家緊急調査の対象になり、調査の結果、1973年(昭和48年)6月2日、国の重要文化財に指定された。これを受け、植松家が裾野市にこの建物の寄贈し、元の土地に新宅を建てたため、旧宅を保存するために裾野市中央公園(裾野市千福期が松ヶ窪)に植松家住宅を移築し、1974年(昭和49年)6月30日移築、修理が完了し、現在に至る[5]

建物の位置の推移[編集]

何度か住宅の位置が変わっており、宝永5年(1708年)2月には、住宅は深良用水の東に存在した。延享元年(1744年)と文政3年(1820年)には、深良用水が門前に流れる位置にある[6]。これについては、宝永2年(1705年)6月26日の夜、深良村須釜の新土手が決壊する大水害が起こったおり、浸水被害をうけたものとみられ[7]、次いで、宝永4年11月(1707年)宝永山の噴火の被害をうけたため、環境が安定した頃に、旧建物の用材をもって、移築したものと推察される。 

植松家[編集]

植松家は富士山南側の愛鷹山の東側に住む農家である。口伝によると、建久4年(1193年)源頼朝が富士の裾野で鷹狩りをした頃、尾張国津島よりこの地に移住し、代々名主を務めたといわれる[8]

施設案内[編集]

  • 営業時間 8時30分〜17時[9][1]
  • 休園日  年末年始(12/29~1/3)[9][1]
  • 入園料  無料[9][1]
  • 駐車場  約50台(バス用駐車場あり)※閉園時間中は施錠[9][1]
  • 団体利用 利用申請書を提出する必要あり[1]

画像[編集]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 旧植松家住宅 裾野市
  2. ^ a b 裾野市教育委員会『裾野市の文化財 改訂版 第3集』裾野市教育委員会、2002年、p.12
  3. ^ a b 文化財建造物保存技術協会『重要文化財植松家住宅保存修理工事報告書』裾野市教育委員会、1974年、p.3
  4. ^ 裾野市教育委員会『裾野市の文化財 改訂版 第3集』裾野市教育委員会、2002年
  5. ^ 『重要文化財(建造物)植松家住宅』裾野市教育委員会、1994年、pp.1-2
  6. ^ 石脇村絵図
  7. ^ 裾野市史編さん専門委員会『裾野市史 第8巻 通史編Ⅰ』裾野市、2000年、pp.438-439
  8. ^ 文化財建造物保存技術協会『重要文化財植松家住宅保存修理工事報告書』裾野市教育委員会、1974年、p.1
  9. ^ a b c d e f g 裾野市中央公園パンフレット

参考文献[編集]

  • 裾野市教育委員会『裾野市の文化財 改訂版 第3集』裾野市教育委員会、2002年
  • 裾野市史編さん専門委員会『裾野市史 第8巻 通史編Ⅰ』裾野市、2000年
  • 文化財建造物保存技術協会『重要文化財植松家住宅保存修理工事報告書』裾野市教育委員会、1974年