旧三上家住宅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
旧三上家住宅
Old Mikami House ac (1).jpg
旧三上家住宅の位置(京都府内)
旧三上家住宅
情報
用途 史跡
旧用途 商家
所在地 京都府宮津市河原1850
座標 北緯35度32分17.2秒 東経135度11分27.8秒 / 北緯35.538111度 東経135.191056度 / 35.538111; 135.191056 (旧三上家住宅)座標: 北緯35度32分17.2秒 東経135度11分27.8秒 / 北緯35.538111度 東経135.191056度 / 35.538111; 135.191056 (旧三上家住宅)
文化財 重要文化財
指定・登録等日 2003年12月25日
テンプレートを表示

旧三上家住宅(きゅうみかみけじゅうたく)は、京都府宮津市にある史跡

三上家は江戸時代に酒造業廻船業・和糸問屋などを営んでおり、宮津城の城下町有数の商家だった[1]。1989年(平成元年)には主屋などが京都府指定有形文化財に指定され、2003年(平成15年)12月25日には主屋をはじめとする8棟が国の重要文化財に指定された[1]。2000年(平成12年)3月17日には庭園が京都府指定名勝に指定されている[1]。宮津市内で唯一北前船時代の繁栄を現在に伝えている[2]。2017年(平成29年)4月、文化庁により、地域の歴史的魅力や特色を通じて日本の文化・伝統を語るストーリー「日本遺産」の「丹後ちりめん回廊」を構成する文化財のひとつに認定された[3][4]

歴史[編集]

三上宇兵衛の次男である三上勘兵衛は安永5年(1776年)に分家し、宮津城下の現在地に屋敷を構えた[1]天明3年(1783年)2月には城下町を焼いた宮津大火(晒屋火事)で屋敷が焼失したが、同年12月には主屋棟の再建がほぼ完成した[1]。外観は美しい漆喰の白壁の造りである[1]。火事の反省から住宅全体を土蔵同様の耐火構造としている[1]。以後にも三上家が発展するとともに増築や改築を行い、文政3年(1820年)には主屋の南側に新座敷棟を増築し、天保8年(1837年)には庭座敷棟を増築した[1]。天保9年(1838年)に宮津藩を視察に訪れた幕府巡見使を迎えた際には、表門と玄関を増築した[1]慶応4年(1868年山陰道鎮撫総督西園寺公望宮津藩受取りのため、三上家住宅を本陣とした[5]。酒造業は1975年(昭和50年)まで続いた[6]

三上家庭園[編集]

敷地の南側には宮津藩御用庭師の江戸金の作庭と伝えられる[7][8]庭園がある[1]。天保8年(1837年)に増築された庭座敷棟からの眺望がよいように設計されている[1]。庭園にある池は細長く伸び、低めの築山には起伏に富んだ石が据えられている[1]。幕府巡見使、西園寺公望、有栖川宮熾仁親王などが当家を訪れて庭園を観賞したとされる[1]。2000年(平成12年)3月17日には庭園が京都府指定名勝に指定された[1]

建物[編集]

主屋

2003年(平成15年)12月25日には以下の8棟が国の重要文化財に指定された。

利用案内[編集]

  • 開館時間 : 9時から17時
  • 休館日 : 年末年始のみ
  • 入場料 : 一般350円、中学生以下250円

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 天橋立観光協会(旧三上家住宅)”. 天橋立観光協会. 2017年12月25日閲覧。
  2. ^ 『宮津港』 国土交通省(1頁)
  3. ^ 文化庁. “日本遺産認定ストーリー一覧”. 「日本遺産(Japan Heritage)」について. 2020年11月11日閲覧。
  4. ^ 文化庁. “300年を紡ぐ絹が織り成す丹後ちりめん回廊”. 日本遺産ポータルサイト. 2020年11月11日閲覧。
  5. ^ 旧三上家住宅”. 京都府観光ガイド. 2018年1月2日閲覧。
  6. ^ 『宮津港』 国土交通省(2頁)
  7. ^ 第一回 丹後宮津”. 京都林泉協会. 2018年1月2日閲覧。
  8. ^ “大小の石を巧みに配置 迫力生む (探訪 京滋の庭)”. 京都新聞. (2001年5月30日). http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/niwa/15.html 2018年1月2日閲覧。 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]