日本飛行船事業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本飛行船事業株式会社
Japan Airship Services
略称 JAS
本社所在地 日本の旗 日本
埼玉県比企郡川島町大字出丸下郷53-1
設立 1984年2月2日
代表者 代表取締役社長 中島 謙六
資本金 2億円
特記事項: ※記載事項は1995年11月現在
テンプレートを表示

日本飛行船事業株式会社(にほんひこうせんじぎょう、Japan Airship Services)は、かつて存在したJALグループの飛行船専門運航の航空会社である。

概要[編集]

英国エアシップ・インダストリー(Airship Industries Uk Ltd)製の飛行船を運航して埼玉県ホンダエアポートを本拠地とし、広告飛行や遊覧飛行を行っていたが、親会社である日本航空の飛行船事業からの撤退により1996年に運航停止。現在は清算されている。

のちに飛行船運航会社として存在した株式会社日本飛行船(2002年設立、2010年破産)とは全くの別法人であり、社名が似ているが事業の継承といった直接の関係は無い。

使用機材[編集]

  • Skyship 500:旧JA1003、訓練中の事故(後述)により登録抹消。
  • Skyship 600:旧JA1004、同社の運航停止後に売却され、N606SAとして海外にて運航。

事故[編集]

1988年3月5日、ホンダエアポートにおいて、スカイシップ500(JA1003)が連続離着陸訓練中に着陸復行の際、垂直尾翼下部が接地し機体を破損後に近隣の農地に墜落。機体は大破したが火災は発生せず、死傷者は無し。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]