日本書写技能検定協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本書写技能検定協会
設立年 1963年11月8日
種類 一般財団法人
本部 東京都豊島区南大塚3-41-3
貢献地域 日本の旗 日本
会長 理事長 福島 肇
ウェブサイト http://www.nihon-shosha.or.jp/
日本書写技能検定協会 社屋
日本書写技能検定協会 社屋エントランス

一般財団法人日本書写技能検定協会(にほんしょしゃぎのうけんていきょうかい)は、硬筆書写検定毛筆書写検定の実施等を行う一般財団法人

概要[編集]

1963年11月8日に文部省認可の財団法人として設立。2012年4月、国の公益法人改革に伴い、一般財団法人へ移行した。本協会の実施する硬筆書写検定毛筆書写検定は、公的に認められた我が国唯一の書写検定試験であり、文部科学省・全国都道府県教育委員会後援となっている。

主な事業[編集]

1.硬筆書写・毛筆書写技能検定試験の実施事業
2.図書及び電子図書の出版事業
3.検定試験に関する講習会の開催及び研修事業
4.書写用具の販売事業
5.不動産賃貸事業
[1]

沿革[編集]

  • 1963年昭和38年)11月8日 - 文部省の社会教育局(現在の文部科学省生涯学習局)の指導のもとに設立。
  • 1964年(昭和39年)3月29日 - 第1回ペン字検定試験として1級・2級・3級の試験を実施。
  • 1967年(昭和42年)6月4日 - 第7回から4級の試験を実施。
  • 1968年(昭和43年)2月17日 - 「文部省認定」の許可を取得する。
  • 1973年(昭和48年)12月12日 - 書道検定試験を「文部省認定」の検定試験とするよう申請する。
  • 1973年(昭和48年)12月17日 - 「毛筆書写技能検定(書道検定)」の認定の許可を取得する。
  • 1974年(昭和49年)6月2日 - 第1回毛筆書写検定試験として1級・2級・3級・4級の試験を実施
  • 1977年(昭和52年)1月28日 - 第29回検定より6月、11月の他に1月として年3回検定を実施する。
  • 1978年(昭和53年)10月 - 本社を文京区本郷から豊島区大塚に移転する。
  • 1990年平成2年)4月1日 - 検定の名称について、「ペン字検定」が「硬筆書写検定」に、「書道検定」が「毛筆書写検定」にそれぞれ変更する。
  • 1994年(平成6年)12月 - 大塚の現在地に本社社屋建設する。
  • 2006年(平成18年)4月1日 - 平成18年度より、国の行政改革方針のため名称が「文部省認定」から「文部科学省後援」に変更。さらに、「準1級」「5級」が新設。
  • 2012年(平成24年)4月1日 - 国の公益法人制度改革に伴い、「財団法人」から「一般財団法人」となる。
  • 2015年(平成27年)3月10日現在 - 設立51年を経過し、これまでの総受験者数は1136万名を数え、合格者数は701万名に達している。

[2]

脚注[編集]

  1. ^ 一般財団法人日本書写技能検定協会 協会概要 - 当協会の事業(2015年4月24日閲覧)
  2. ^ 一般財団法人日本書写技能検定協会 協会概要 - 協会の沿革(2015年4月24日閲覧)
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]