日本基督教団津山教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本基督教団津山教会(にほんきりすときょうたんつやまきょうかい)は、岡山県津山市にある日本基督教団教会である。

1879年明治12年)金森通倫ジョン・カッティング・ベリーにより津山地方の伝道が行われる。1884年(明治17年)に講義所が設けられる。木庭勝次郎や上代知新により、伝道が行われ、同志社の神学生であった馬場種太郎が協力した。

1886年(明治19年)に森本惣吉、野呂直定、竹内信、卜部徳蔵、竹内康の5人が金森通倫から洗礼を受ける。

1889年(明治22年)に同志社を卒業した富田元資伝道師に迎え、1890年(明治23年)には28名が受洗し、教会が設立された。

1902年(明治35年)から落合教会(現・日本基督教団美作落合教会)の守田幸吉郎牧師を招いて、1904年(明治37年)に会堂を設立し、1906年(明治39年)に集中伝道により、75名が洗礼を受け、1910年(明治43年)には会員総数が300名を超えた、1915年(大正4年)に森田牧師が在任中に死去すると、岩城忠四郎が牧師に就任する。

歴代牧師[編集]

参考文献[編集]

  • 『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年