日本分光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本分光株式会社
JASCO Corporation
Jasco
Jascoview
日本分光本社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
192-8537
東京都八王子市石川町2967-5
設立 1958年4月1日
業種 電気機器
法人番号 2010101002925
事業内容 分析機器、科学計測機器、計装機器、医用機器、公害計測機器
代表者 代表取締役社長 中村敏樹
資本金 9000万円
従業員数 281人(2013年4月現在)
主要子会社 ジャスコインタナショナル株式会社
ジャスコエンジニアリング株式会社
分光計器株式会社
ジャスコテクノ株式会社
ジャスコオプト株式会社
ジャスコサポート株式会社
外部リンク http://www.jasco.co.jp/
テンプレートを表示


日本分光株式会社(にほんぶんこう、英称:JASCO Corporation)は、赤外分光光度計、可視紫外近赤外分光光度計、レーザラマン分光光度計、高速液体クロマトグラフ、超臨界流体システムなど分析機器の製造および販売を行なうメーカーである。

東京教育大学光学研究所での赤外分光光度計の開発研究成果を企業化すべく1958年に東京都板橋区にて創業、その後、東京都八王子市北八王子工業団地に本社を移転し現在に至る。 1991年10月1日、日本分光工業株式会社から現在の日本分光株式会社に社名変更。

概要[編集]

日本分光は製造、研究、検査などに使用される分析機器を製造販売する企業である。特に日本分光の起源も相まって光を使用する分析機器に強みを有している。また、特殊な分析機器も製造しており、その代表例としてはキラルな物質などの分析に使用される円二色性分散計が挙げられる。 日本国内では基本的には社名は日本分光として認識されている。但し、英称のJASCO(Japan Spectroscopic Corporationに由来)として認識している人も存在する[1]

沿革[編集]

  • 1958年4月1日 東京都板橋区において日本分光工業株式会社創立
  • 1963年8月1日 東京都八王子市に新社屋完成にともない移転
  • 1972年1月2日 米国関連会社 Jasco INC. 設立
  • 1977年9月 関連会社 ジャスコインタナショナル株式会社 設立
  • 1977年9月 関連会社 日本分光エンジニアリング株式会社 設立
  • 1977年9月 関連会社 分光計器株式会社 設立
  • 1987年4月 欧州関連会社JASCO Europe srl設立
  • 1991年10月1日 日本分光株式会社に社名変更
  • 1993年1月 日本分光エンジニアリング株式会社分析センター 設立
  • 1993年10月 関連会社 ジャスコテクノ株式会社 設立
  • 1998年8月 関連会社 ジャスコオプト株式会社 設立
  • 1999年8月 関連会社 ジャスコサポート株式会社 設立
  • 2005年7月13日 近接場光学顕微分光システムにより第30回井上春成賞を受賞

主な製品[編集]

関連会社[編集]

  • ジャスコインタナショナル株式会社
  • ジャスコエンジニアリング株式会社
  • 分光計器株式会社
  • ジャスコテクノ株式会社
  • ジャスコオプト株式会社
  • ジャスコサポート株式会社
  • JASCO INCORPORATED(アメリカ)
  • JASCO EUROPE(イタリア)

[編集]

  1. ^ 製品にJASCOというロゴが張られていることに起因する。

外部リンク[編集]