日本イスラム教団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宗教法人日本イスラム教団は、1974年から1980年代にかけて活動した宗教団体である。

沿革[編集]

1974年12月29日医師実業家二木秀雄が、代々木にあるモスクで入信式をあげ[1]東京都渋谷区に日本イスラム教団を創設した。1975年宗教法人として認証された[2]

1979年4月12日エルサレムをとりあげた日本放送協会(NHK)のテレビ番組に抗議した[3]

1981年6月20日自費出版で『円柱亭日記 町医者”円柱”と闘う』(二木秀雄監修、さきたま出版会製作)を発行している[4]。この頃信者数5万人に達した[1]

検察官出身の弁護士安倍治夫が一時期専務理事を務めた[5]。また、1986年10月30日-11月1日崇教真光傘下の陽光文明研究所が主催して開かれた第1回陽光文明国際会議宗教部会に、専務理事仲村庄司が参加している [6][7]

「大乗イスラーム」を唱え、多くの改宗者を生んだ。他のムスリム団体と良好な関係を結べず、また二木の経営する診療所の不正経理問題が発生。1980年代に実質的に解散し活動を休止、関係者の多くが消息不明となっている[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b 二木秀雄 "イスラム復権"への私見--一日本人ムスリムとして考える」『自由』23巻7号、『自由』編集委員会編、1981年7月、pp.61-68
  2. ^ 山折哲雄監修、日本宗教史年表編纂委員会編『日本宗教史年表』河出書房新社、2004年2月、p.642
  3. ^ 山折哲雄監修、日本宗教史年表編纂委員会編『日本宗教史年表』河出書房新社、2004年2月、p.649。(なお、1979年4月2日・6日、NHK特集「聖地からの日本人論-山本七平イスラエルをゆく-」が放送されている。--NHK特集 放送番組全記録一覧 1979年度
  4. ^ 書籍名 円柱亭日記-町医者“円柱”と闘う 自費出版図書館
  5. ^ 安倍治夫『For beginnersシリーズ イスラム教』現代書館、1986年1月、奥付
  6. ^ 陽光文明国際会議 開催の歩み
  7. ^ 第1回 陽光文明国際会議
  8. ^ 小村明子 『日本とイスラームが出会うとき』 現代書館2015年6月10日[要ページ番号]ISBN 978-4-7684-5757-3
[ヘルプ]

外部リンク[編集]