新潟漆器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新潟漆器(にいがたしっき)は、新潟県で生産される漆器

特徴[編集]

新潟漆器は、竹塗、花塗、石目塗、錦塗、磯草塗、金磨塗等の多彩な塗りが特徴である[1]。中でも、竹の筋や節目などを精巧に模し、竹独特の質感を再現する「竹塗」は全国的にも有名。 また、それぞれの塗りに独特の特徴がある。

沿革[編集]

江戸時代初頭の元和年間(1615年~1624年)に春慶塗が伝えられたことに始まる。寛永15年(1638年)に、現在の古町7番町付近に「椀店(わんだな)」と称する塗物専売地域が定められ、保護政策が取られた[2]。古くから物資の集散地であった新潟で、様々な地方の技法が伝わり、その技法に磨きがかけられ発展していった。

製造産地[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
出典

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]