新ランタオ島バス転落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新ランタオ島バス転落事故(しんランタオとうバスてんらくじこ、ニューランタオバスてんらくじこ)は、1973年7月22日香港新界離島区大嶼島(ランタオ島)で起きた、新ランタオ島バス英語版のバスが崖から転落した事故である[1][2][3][4]。当時、香港で最大の死者を出した交通事故でありその数は死者17人、負傷者23人である。2017年現在、香港で起きた交通事故のうち3番目に死傷者が多い事故となっている。

事故経緯[編集]

事故当日の午後2時30分、当該車両は昂坪英語版から観光客を乗せ梅窩英語版へ向かう途中の羌山道中国語版深屈中国語版道のジャンクションで違法駐車をしていた乗用車を避けるためハンドルを切り、コントロールを失ってしまった。コントロールを失った車両は丘の右側にぶつかった後、左側に跳ね返りガードレールを突破し90m下にある山腹へと落下した。生存者によると落下まではほぼ一瞬の出来事だったという。バスの屋根がはがれたため多くの乗客が山腹に放り投げられ、当局は全ての乗客を救出するには7時間かかると判断し、100人以上の救助隊員を派遣し5機の救助用ヘリも投入した。しかし事故現場は傾斜の急な丘だったため、妊娠中の女性を含めた17人が死亡、23人が重軽傷を負うこととなった。

出典[編集]

  1. ^ “昨天星期例假遊人近萬 大嶼山一巴士翻墜深谷 十五人慘死二十三人受傷 旅行者及郷民紛趕往現場協助救援”. 大公報第四版. (1973年7月23日) (繁体字中国語)
  2. ^ “死者昨增至十七人 港督向死者家屬致唁及向傷者慰問”. 大公報第四版. (1973年7月24日) (繁体字中国語)
  3. ^ “大嶼山羌山道十咪半附近 巴士滿載翻落數百呎懸崖 十七死四失蹤二十三人受傷”. 工商日報第一頁. (1973年7月23日) (繁体字中国語)
  4. ^ “大嶼山行走昂平梅窩綫 大巴士翻落山坡 死十七人傷二十六 出動三直升機飛往搶救運回伊利沙伯醫院救治”. 華僑日報第二張第一頁. (1973年7月23日) (繁体字中国語)
最悪の事故:
2003年屯門公路2階建てバス転落事故
(21人死亡、20人負傷)
第二悪の事故:
2018年大埔公路2階建バス転覆事故中国語: 大埔公路雙層巴士翻側事故
(19人死亡、66人負傷)
第三悪の事故:
2008年西貢区南辺囲観光バス転覆事故中国語: 西貢南邊圍旅遊巴翻側事故
(19人死亡、43人負傷)
香港の陸上交通事故史上
における第四悪の事故となった
第五悪の事故:
1931年馬料水列車脱線事故中国語: 馬料水火車出軌事故
(12人死亡、20人負傷)