斎藤勉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

斎藤 勉(さいとう つとむ、1949年 - )は日本のジャーナリスト産業経済新聞社取締役副社長大阪代表。ソ連崩壊を世界に先駆けスクープした。埼玉県熊谷市出身。

経歴[編集]

埼玉県立熊谷高等学校を経て、東京外国語大学卒業。産経新聞社に入社。水戸支局、社会部、外信部を経てテヘラン特派員、モスクワ支局長、ワシントン支局長、外信部長、編集局次長、正論調査室長などを歴任し、2007年、取締役編集局長、2008年、常務取締役編集局長、2011年、専務取締役サンケイスポーツ夕刊フジ担当、2013年より現職。

ソ連とロシア特派員として通算9年近く在住し、一連のソ連・東欧報道でボーン・上田記念国際記者賞1989年)、「ソ連、共産党独裁を放棄へ」のスクープで日本新聞協会賞1990年)を受賞している。

著書[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]