斎京村隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
斎京村隆
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 不明
死没 慶長8年6月24日1603年8月1日
別名 通称:与六郎→三郎右衛門
主君 上杉謙信景勝
氏族 清和源氏義光下山氏後裔林氏斎京氏
父母 父:林林氏
三郎左衛門
テンプレートを表示

斎京 村隆(さいきょう むらたか)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武士上杉氏の家臣。

略歴[編集]

林氏越後国頸城郡桑取谷西吉尾邑の土豪。

林林氏[1]の長男として誕生。

清和源氏義光流下山氏の末裔で、元は林氏を称していたが、村隆が斎京氏と改姓した。越後頸城郡桑取谷一帯を支配しており、桑取谷に属する邑の長を肝煎と呼んだ事から、村隆は大肝煎と称されていた。また越後で権力を握った上杉謙信に仕えている。上杉氏の会津移封後も桑取谷の支配者として君臨していた。

慶長8年(1603年)、死去。家督は子・三郎左衛門が継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ 太田亮 編『姓氏家系大辞典』参照。村隆以降の通字が「村」のため、林村氏の誤記の可能性もある。

出典[編集]

  • 上越市史専門委員会寺社資料部会『桑取谷文化の記録』