文成吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
文 成吉
基本情報
通称 韓国の石の拳
階級 スーパーフライ級
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
誕生日 (1963-07-20) 1963年7月20日(57歳)
出身地 ソウル特別市
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 22
勝ち 20
KO勝ち 15
敗け 2
テンプレートを表示
獲得メダル
大韓民国の旗 韓国
男子 ボクシング
世界ボクシング選手権
1986 リノ バンタム級
アジア大会
1982 ニューデリー バンタム級
1986 ソウル バンタム級

文 成吉Moon Sung Kil、ムン・ソンギル、1963年7月20日 - )は、大韓民国出身の元プロボクサーソウル特別市出身。元WBA世界バンタム級王者。元WBC世界スーパーフライ級王者。世界2階級制覇王者。

来歴[編集]

1984年、韓国代表としてロサンゼルスオリンピックボクシングバンタム級に出場し、ベスト8入り。

1987年3月8日、プロデビュー。

1988年8月14日、7戦目で世界初挑戦。WBA世界バンタム級王者カオコー・ギャラクシータイ)に挑み、6回負傷判定勝ち。王座獲得に成功した。その後、2度の防衛に成功。

1989年7月9日、3度目の防衛戦でカオコーと再戦し、0-3の大差判定負け。前王者の雪辱を許し、王座から陥落した。

1990年1月20日、1階級下げての世界再挑戦。WBC世界スーパーフライ級王者ナナ・コナドゥガーナ)に挑み、9回負傷判定勝ち。2階級制覇を達成した。その後は元同級王者ヒルベルト・ローマンメキシコ)、元WBC世界バンタム級王者グレグ・リチャードソンアメリカ合衆国)、元世界2階級王者イラリオ・サパタパナマ)や、松村謙二日本)らの挑戦を退け、通算9度の防衛に成功。

1993年11月13日、10度目の防衛戦。帝拳プロモーションマネージメント契約選手でもあるホセ・ルイス・ブエノ(メキシコ)と対戦。フルラウンドの激闘の末、1-2の判定負けで王座陥落。この試合を最後に引退した。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
カオコー・ギャラクシー
WBA世界バンタム級王者

1988年8月14日 - 1989年7月9日

次王者
カオコー・ギャラクシー
前王者
ナナ・コナドゥ
WBC世界スーパーフライ級王者

1990年1月20日 - 1993年11月13日

次王者
ホセ・ルイス・ブエノ