播磨幸太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
播磨 幸太郎 Football pictogram.svg
名前
愛称 ハリコウ
カタカナ ハリマ コウタロウ
ラテン文字 HARIMA Kotaro
基本情報
生年月日 1915年
大日本帝国の旗 大日本帝国, 兵庫県神戸市
没年月日 1953年7月19日(満38歳没)
日本の旗 日本, 兵庫県神戸市
選手情報
ポジション FW
ユース
19xx-1933 兵庫県立第一神戸中学校
1933-1938 慶應義塾大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1936-1939 慶應BRB
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

播磨 幸太郎(はりま こうたろう、1915年 - 1953年7月19日)は、日本サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはフォワード兵庫県神戸市出身。

来歴[編集]

兵庫県御影師範学校附属小学校を経て、兵庫県立第一神戸中学校(神戸一中、現:兵庫県立神戸高等学校)に入学し、サッカー部に所属。右近徳太郎が2年先輩に、直木和津田幸男および二宮洋一が1年後輩に当たる[1]。1933年1月に開催された第15回全国中等学校蹴球選手権大会での優勝に貢献した。

1933年に神戸一中を卒業して、慶應義塾大学予科に入学。慶應入学後よりソッカー部に所属して予科1年次よりレギュラー選手となった。また、在学中には慶應BRBで1度(1936年)、慶應義塾大学として1度(1937年)の計2回全日本選手権(現在の天皇杯全日本サッカー選手権大会)で優勝した。また、大学卒業後の1939年6月の全日本蹴球選手権大會(第19回天皇杯全日本サッカー選手権大会)で慶應BRBのメンバーとして優勝した。

在学中の1938年3月に全関東のメンバーに選出されて、4月7日のイズリントン・コリンシャンズイングランド)戦に出場した[2][3]

1939年3月に日本代表候補に選出された[4] が、1939年9月の日満華交歓競技大会の代表からは漏れた。

現役引退後は日本代表のコーチや日本蹴球協会、関西蹴球協会の理事を歴任[5]。1946年に兵庫県サッカー協会の常務理事に就任した[6]

1953年7月19日午後3時、肝臓癌により死去した[5]

脚注[編集]

  1. ^ ユーハイム体育・スポーツ振興会『神戸一中蹴球史』、2011年3月。NCID BB05662830
  2. ^ 日本代表 試合別出場記録[リンク切れ]
  3. ^ 「英蹴球団を迎える 全関東軍の陣容成る」 朝日新聞、1938年4月3日、2016年3月10日閲覧
  4. ^ 「今年度蹴球代表」 読売新聞、1939年3月4日、2016年3月10日閲覧
  5. ^ a b 「播磨幸太郎氏死去」 朝日新聞、1953年7月21日、2016年3月10日閲覧
  6. ^ 『兵庫サッカーの歩み―兵庫県サッカー協会70年史』兵庫県サッカー協会、1997年12月。ISBN 4303990205

関連項目[編集]

外部リンク[編集]