接吻 (クリムト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
『接吻』
ドイツ語: Der Kuss
The Kiss - Gustav Klimt - Google Cultural Institute.jpg
作者 グスタフ・クリムト
製作年 1907-1908年
種類 キャンバスに油彩
寸法 180 cm × 180 cm (71 in × 71 in)
所蔵 オーストリア・ギャラリーウィーン

接吻(せっぷん、ドイツ語: Der Kuss, 英語: The Kiss)は、帝政オーストリア画家グスタフ・クリムト1907年から1908年にかけて描いた油絵。180 × 180 cm、キャンバスに油彩。現在はベルヴェデーレ宮殿オーストリア絵画館(オーストリア・ギャラリー)に収蔵されている。

クリムト自身と恋人エミーリエ・フレーゲドイツ語版がモデルとされる。1908年の総合芸術展「クンストシャウ」(ウィーン)で大好評を博し、展覧会終了と同時にオーストリア政府に買い上げられた、クリムトの代表作のひとつである。

本作品にみられるように、クリムトは「金の時代」には金箔を多用したが、これはしばしば琳派の影響を受けたものと指摘される。

参考文献[編集]

  • 『生誕150年記念 クリムト黄金の騎士をめぐる物語』(中日新聞社、2012年)

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、接吻 (クリムト)に関するカテゴリがあります。