持久力トレーニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

持久力トレーニング(じきゅうりょくトレーニング)は、持久力を高めることを目的としたトレーニングの内容や手段および構成である。

競技指向の持久力トレーニングにおける年間のトレーニングの組み立て[編集]

スポーツのキャリアの中で長年かけてパフォーマンスを積み上げる[編集]

時系列においてトレーニングを組み立てる際の原理[編集]

トレーニング方法[編集]

持続法[編集]

インターバル法[編集]

インターバル法のやり方

  1. 短めの一定区間をほぼ全速で走る。
  2. 次に長めの距離をゆっくり走る。
  3. 1と2を繰り返す。
例:100mを早めに走り、200mをゆっくり走る。

反復法[編集]

栄養摂取法[編集]

持久力を発揮するために、体内の運動エネルギーとして効率よく利用できるグリコーゲンを筋肉や肝臓に蓄積させる方法が用いられる。その方法は、カーボ・ローディング(Carbohydrate Loading)と呼ばれる。

カーボ・ローディングの例
大会(試合)日を基準とした時期 運動量 食事 備考
約1週間前〜4日前 減らす 通常(混合食) 体内グリコーゲンを維持
3日前 高炭水化物 体内グリコーゲンを蓄積
2日前〜前日 減らす・休む

スポーツ種目[編集]

関連項目[編集]