押川元重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

押川 元重(おしかわ もとしげ、1939年 - )は日本の数学者九州大学名誉教授

九州大学理学部に入学、九州大学大学院理学研究科を修了後、九州大学教員として採用された。九州大学学生部長、教養部長、大学教育研究センター長などを歴任して、2003年に退職した。その後、放送大学特任教授、同大学福岡学習センター所長を務めた。[1]

学歴[編集]

  • 1962年 - 九州大学理学部卒業
  • 1964年 - 九州大学大学院理学研究科数学専攻修士課程修了

職歴[編集]

研究分野[編集]

エルゴード理論および力学系。 非可算Tセットを持つフォン・ノイマン環を作れるかというアラン・コンヌ(フィールズ賞受賞者)が出した問題を、I型因子環の無限テンソル積として作れることを示すことで解決した[2]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 六本松へのメッセージ (PDF)”. 九州大学. 2013年2月16日閲覧。
  2. ^ Publ.RIMS,Kyoto Univ.13(1977),167-172